商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

あなたのブランドを守る、強い商標出願

当事務所は、商標を専門とした特許事務所です。

特許庁商標の出願は、さほど難しくありません。
商標が既に決まっていらっしゃるのでしたら、自社で出願されることも十分に可能です。
会社名等の書誌的な事項と商標を願書に記載し、
特許印紙を貼って特許庁に郵送するだけです。

では、わざわざ費用をかけ、当事務所に依頼するメリットは何か。
それは、以下のポイントです。

貴社が提供するすべての商品・サービスを適切に保護します。

特許庁商標登録は、商標だけでは受けることはできません。

どういうことかと言いますと、出願においては、商標のほかに、
商標を使用する「商品」や「サービス」を指定します。
ここで、出願で指定した商品を「指定商品」といい、
出願で指定したサービスを「指定役務」といいます。
すなわち、商標登録は、商標と指定商品又は指定役務とのセットで受けることになります。

第三者との関係はどうなるかと言いますと、商標登録を受けた場合は、登録商標(登録を受けた商標)を使用するあらゆる行為を禁止できるのではなく、
指定商品又は指定役務について登録商標を使用する行為を禁止することができるというわけです。

したがって、貴社が提供するすべての商品・サービスを適切に保護するには、出願において、
貴社が提供する商品・サービスを漏れなく指定商品等としてピックアップすることが必要です。

ところが、指定商品等は、一定のルールに従ってピックアップしなければなりません。
そのため、該当しそうな指定商品等を探すことは何となくできても、
貴社が提供する商品・サービスを漏れなく指定商品等としてピックアップするには、
(1)法律的な「知識」はもちろん、(2)その作業にかける「時間」と、
(3)強い商標権の成立を実現してきた「実務経験」が必要となります。

当事務所は、単なるメール・FAXのやりとりだけではなく、
貴社に対し十分なインタビューをさせていただき、
貴社が提供するすべての商品・サービスが適切に保護できるように、
指定商品等を漏れなくピックアップします。
すなわち、自社出願では実現できない強い商標権の成立に力を入れています。

法律上強い商標のかたちをご提案します。

特許庁商標には、弱い商標と、強い商標があります。

強い商標とは何か。それは、多くの人が使いたいと思う商標です。
もう少し突き詰めると、消費者が覚えやすい商標のことです。
消費者が覚えやすい商標であれば、商標を一度見ただけで覚えてもらえ、次回からはそのイメージを頼りに貴社の商品・サービスを購入してもらえるからです。

また、商標登録を受けた場合は、第三者に対し、登録商標と同一の商標だけでなく、
登録商標に類似する商標を使用することも禁止できます。

強い商標とは何か。それは、類似範囲が明確な商標です。
類似範囲が明確であれば、第三者の疑わしい行為に対して権利行使をすることが容易だからです。

当事務所は、貴社から依頼を受けた商標をただ単に出願するという代書業務は行っていません。
商標を吟味し、少しでも強い商標に仕立てられる工夫があれば、それを積極的に提案します。

高い可能性で登録に導きます。

商標登録事例出願前の商標調査は、大変重要です。
この調査結果によって商標登録を受けられるかどうかが左右されるほどです。

どのような場面で商標調査が必要となるのかと言いますと、
まず、新たな商品・サービスを提供する場合です。

新商品を発売する場合は、他人の商標権を侵害する可能性がないかを調査する必要があります。
この商標調査を怠ると、新商品に対してつけた商品名が他人の商標権を侵害することになり、
後々、その商品名を変更することを余儀なくされる場合が出てきます。

商品がヒットしてからその商品名を変えるということは、
それまで培ったブランドがゼロになることを意味しますので、
将来的に商品名の変更がないように開発時に十分ケアーすることが大切です。

次に、商標を出願する場合です。

他人の登録商標と同一又は類似の範囲では商標登録を受けることができないので、
その範囲に入っていないかあらかじめ調査をしておかなければ、
せっかく出願しても特許庁から拒絶査定を受けてしまいます。

しかも、現在登録されている他人の登録商標のなかで一つでも該当のものがあれば
商標登録を受けられないので、
関連すると思われるすべての登録商標を調査しなければなりません。
同一の登録商標を探すのは比較的簡単ですが、類似の登録商標を探すのは専門的な作業になります。

当事務所は、高い登録率を実現しています。
これを実現するには、(1)商標調査に関する「知識」、「経験」と、
(2)商標調査にかける「時間」が必要となります。
当事務所は、貴社の商標を登録に導くために精度の高い商標調査を実施します。

貴社のブランディングをサポートします。

現代の市場において、商標は、単なる商品やサービスの名称であることを超えて、
商品・サービスの顔であり、イメージを決定付ける重要な役割を持っています。
この複雑な流通市場において商品やサービスを大きく育てていくためには、
事業の運営指針から立ち返った、一貫したブランド戦略が欠かせません。

商標権の取得を「他社の不法行為からの自衛」として捉える見方も当然重要ですが、
ぜひ商標というものにもう一歩踏み込んでいただき、
商標権をブランド戦略の柱として積極的に活用することにより、
市場を開拓する有効なツールとして捉えてください。

当事務所は、ご依頼により、商標取得後において、
商標権を柱とした貴社のブランディングをサポートします。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ