商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

お問い合わせ0467-73-8540

商標のご相談は無料です

商標出願についての疑問、具体的に商標登録までお考えでない場合でも結構です。まずはお気軽にご相談ください。 ※ご相談の際にはお電話でご予約をお願いします。

将星国際特許事務所|特許サイト

メニュー

アクセス

所在地

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館ビル202号

電車でお越しの場合 JR横須賀 JR湘南新宿ライン 鎌倉駅西口

お車でお越しの場合 事務所前コインパーキングをご利用ください

アクセス詳細

節約社長掲載記事

ラジオ番組「鎌倉日和」

ニュースレター「鎌倉日和」

鎌倉ブランド

鎌倉ブランディングサイクル

商標が丸わかり小冊子無料進呈中

商標登録をするメリット。なぜ「商標権」を取得する必要があるのか

対応エリア

鎌倉逗子葉山横須賀三浦藤沢茅ヶ崎平塚横浜川崎
神奈川県全域、全国対応

リンク

スタッフブログ

商標チャンネル 自社製品を模倣から守るためには ヒット商品を支えた知的財産権 季刊誌「パテント・アトーニー」 知恵と商標(ブランド)でがんばる中小企業 ポジティブ・オフ

トピックス(新着情報)

ソフトウェアの特許申請が日本のIT産業にもたらす影響とは

2013年1月28日

日本のIT産業において、競争力のあるハードウェアに対して、ソフトウェアは生産性が低
く、競争力がないと言われています。
ソフトウェア産業において、生産性向上をもたらすのがイノベーションです。
ここ数年のソフトウェア特許に関する制度改革が、イノベーションに与える影響が注目さ
れています。

IT企業の中でもソフトウェアを取り扱う企業の特許申請数は1990年代後半より徐々に増加
しており、年々特許を出願する企業数が増えてきているのが現状です。

ソフトウェア産業において、生産性を引き下げている原因の一つとして指摘されているの
が下請け構造です。
日本においては、元請け企業が大々的に発注を受け、その一部を請け負う下請け企業が数
多く存在するという重層的な構造となっています。

こういった日本特有の下請けの構造を打破するのに役立っているのが、ソフトウェア企業
の特許申請数の増加です。
そのためソフトウェア特許に関する制度改革は、いまや日本のIT産業の発展に寄与してい
るといっても過言ではありません。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ