商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

お問い合わせ0467-73-8540

商標のご相談は無料です

商標出願についての疑問、具体的に商標登録までお考えでない場合でも結構です。まずはお気軽にご相談ください。 ※ご相談の際にはお電話でご予約をお願いします。

将星国際特許事務所|特許サイト

メニュー

アクセス

所在地

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館ビル202号

電車でお越しの場合 JR横須賀 JR湘南新宿ライン 鎌倉駅西口

お車でお越しの場合 事務所前コインパーキングをご利用ください

アクセス詳細

節約社長掲載記事

ラジオ番組「鎌倉日和」

ニュースレター「鎌倉日和」

鎌倉ブランド

鎌倉ブランディングサイクル

商標が丸わかり小冊子無料進呈中

商標登録をするメリット。なぜ「商標権」を取得する必要があるのか

対応エリア

鎌倉逗子葉山横須賀三浦藤沢茅ヶ崎平塚横浜川崎
神奈川県全域、全国対応

リンク

スタッフブログ

商標チャンネル 自社製品を模倣から守るためには ヒット商品を支えた知的財産権 季刊誌「パテント・アトーニー」 知恵と商標(ブランド)でがんばる中小企業 ポジティブ・オフ

トピックス(新着情報)

国際出願による商標登録とは

2013年1月7日

日本における商標登録は、日本における権利であって、外国でそれを主張することはでき
ません。
外国で商標権を得るためには、国際的な取り決めであるマドリッド協定議定書に基づき国
際登録出願により、保護を求める国を指定します。
そうすることで、複数国にまとめて商標登録を出願することが認められます。
ただし、各国における審査を経た上で商標権が発生することになるので、拒絶されると当
然のことながら権利を得ることができません。

国際出願をする際にはパリ条約の優先権制度を利用する方法があります。
パリ条約の優先権制度とは、先に出願した日本での出願日から6ヶ月以内に出願すること
で、外国においても出願日が維持できる仕組みになっています。
この制度を利用することで6ヶ月間ほど出願国を決める猶予が与えられるということにな
ります。

ただし、日本で出願したものと同じ商標であることが条件である上に、優先権を主張する
ためには諸費用がかかります。
そのため、海外において日本と異なる商標登録を希望する場合や、出願国があらかじめ決
まっていて費用を抑えたい場合には、パリ条約の優先権制度を利用せず、日本と同時に出
願するのが良いでしょう。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ