商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

損害賠償請求を受けないために商標登録を

当事務所は、商標および著作権の分野に高い専門性を有し、 商標権だけの保護ではなく、商標権と著作権の併用により 包括的な商標の保護をご提案します。

将星国際特許事務所 所長 渡部 仁商標を登録すると、その商標を付けた自分の商品やサービスを法的に守れます。
その名称を独占的に使う権利を取得したことになります。

これから新商品を作り、命名する場合は、商標登録が可能な名称にすることが望ましいです。
一方、古くから長くその名称(商品名)を用いていた場合は、商標登録は重要な意味をなします。

例えば、商標が登録できない場合があります。
一般的な名称になっていて、独自性が見いだせないケースや
他社も類似の名称を使っていて、貴社だけが権利を取得すると歪みがでるケースなどです。

誰もがその商標を登録できないなら、問題はないのですが
万一、その内の一社、誰かが登録できた場合、その商標は使うことができなくなってしまいます。これは、先にも言いましたとおり、独占的に使う権利を他人が取得してしまったためです。

あなたが「いちょう」という名称を20年前から和菓子に使っていたとします。
商標は登録していません。最近になって競合他社が「いちょう」という名称で
商標登録したとします。
あなたはそのことを知らずにあなたの「いちょう」を製造・販売し続けています。
数年経ち、ある時、「いちょう」という商標を持っている競合他社が偶然、百貨店であなたの商品を見つけました。そのとき…

その競合他社は、
「我が社の商標を勝手につかって利益を得ていた」と判断し、損害賠償を請求するかも知れません。
あなたにとって「いちょう」は20年も前から使っていた名称で、寝耳に水かも知れません。しかし、あなたは権利を持っていません。
「いちょう」という名称を使うことができなくなるだけでなく、損害を賠償しなければならない可能性もあるわけです。

そんな悲劇に巻き込まれないように、商標を登録しておきましょう。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ