商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

節約社長掲載記事

商品のブランド化を図るならネーミングで必ず抑えておきたい2つの観点

自社の商品を業界のトップブランドに押し上げたい。そう考えていらっしゃる経営者にとって、ネーミングは重要な要素の一つです。良いネーミングを行うには「商標登録のしやすさ」「顧客に覚えてもらいやすい」という2つの観点が必要であり、更にこれをどう活かすかも重要となります。2つの観点の活かし方も含め、商標のプロフェッショナルが解説します。

ブランド化を考えるとネーミングは重要な要素

意欲旺盛にビジネスへ邁進される経営者の方なら、自分が開発している商品を、いつかは業界のトップブランドに押し上げたいとお考えでしょう。

ブランド化を考える上で重要な要素の一つに、どのようなネーミングを付けたらよいか?と考える場面があります。

中には自分が愛してやまない商品がゆえに、闇雲に自分の恣意性のみで商品名を付ける方もお見かけしますが、残念ながら、そのネーミングが逆に商品の価値を低くしてしまうケースもあります。

そこで本稿は、「ビジネスにおける実用性」と「ブランド化」を両立したネーミングについて、お伝えしたいと思います。

良いネーミングを行うため知るべき2つの観点

まず、良いネーミングを行うには、以下に挙げる2つの観点を知っておく必要があります。

それは、
1)商標登録しやすいネーミング
2)顧客が覚えやすいネーミング
です。

順番にご説明しましょう。

1)商標登録しやすいネーミング

1つ目は、商標登録しやすいネーミングであることです。

ブランドとして使用するネーミングは、商標登録で保護することができるものでなければなりません。

他社に似たようなネーミングを使われてしまっては、せっかくあなたがよい商品やサービスを提供し顧客からの評判が高まっても、あなたが使うネーミングを見たときに、顧客はそれがあなたのブランドを表すネーミングであると認識できないからです。

ブランドが認識できなければ、顧客はもう一度あなたの商品やサービスを購入しようと思ったときに、あなたの元にたどり着くこととができません。

もし、他社が似たようなネーミングを使用したときは、商標登録で牽制し、あなただけのネーミングとして市場におく必要があります。

2)顧客が覚えやすいネーミング

2つ目は、顧客が覚えやすいネーミングであることです。

上でも述べましたが、あなたが使うネーミングは、あなたの商品やサービスに満足した顧客が、もう一度あなたの元に戻ってくるための目印であるので、顧客が覚えやすいネーミングであることが何よりも重要です。

商標登録しやすいネーミングと覚えやすいネーミングは一致しにくい

実は、商標登録しやすいネーミングと、覚えやすいネーミングは必ずしも一致しません。

ですから、両者は下の図のような関係であることを、まず知っておく必要があります。

次に、上の図のような関係に両者があることが分かれば、ブランド化する上でどのようなネーミングがよくて、どのようなネーミングが悪いのかが見えてきます。

すなわち、商標登録しやすく且つ顧客が覚えやすいネーミングを採用することが、ブランド化にとってよいネーミングということになります。

ちょうど上の図で2つの円が重なり合っている部分になります。

ここから更に、ネーミング手法は細分化されていきますが、それはまた今後の記事でご紹介できればと思います。

まずは、あなたの商品をブランド化したいならば、
1)商標登録しやすいネーミング
2)顧客が覚えやすいネーミング
が合致するネーミングを意識することを、ぜひ覚えておいていただければと思います。



※ 掲載サイト:節約社長
※ 掲載日時:2017年2月21日
※ 引用記事:商品のブランド化を図るならネーミングで必ず抑えておきたい2つの観点
※ 著作文責:弁理士 渡部 仁

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ