商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

拒絶理由通知書を受けたら

特許庁から、拒絶理由通知書が送られてきた。。。。

でも、大丈夫。

拒絶理由通知書は、不登録の決定通知ではありません。

拒絶対応のエキスパート、経験豊富な弁理士が
あなたに代わって拒絶理由通知書を読み解き
最後の一手まで諦めずに対応します。

お問い合わせはこちら

拒絶理由通知書とは

特許庁が審査の段階で、
登録に適さないと考える理由を
通知するものです。

でも、大丈夫。

拒絶理由通知書は、
不登録の決定通知ではありません。

正当な理由を論理的に意見書に記載し提出することで、
再審査、登録となる場合もあります。

ただし、

反論できるのは40日以内。
迅速で、的確な対応が求められます。

だから!

拒絶対応のエキスパート、経験豊富な弁理士がスピード対応。
あなたに代わって、最適な意見書を特許庁に提出します。

拒絶理由通知でお困りなら
拒絶対応の専門家のいる当事務所に、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

拒絶理由の内容は、それぞれの出願のケースによって様々です。

特許庁でも
名称、読み方、観念、外観、取引実情までを総合的に判断し、
それぞれのケース毎に個別具体的に審査されます。

したがって、

意見書には、何故拒絶とするのが適切でないか理由や根拠を示し、
審査官に伝えるために論理的に記載する必要があります。

つまり、

提出する意見書や手続補正書の内容は、
商標登録の審査に大きな影響力を持ってくるのです。

拒絶理由を解消するために、

拒絶理由の内容を商標法の条文と照らし合わせ、
審査官の意図する内容を読み解き、
必要であれば証拠を集め、
最適な意見書や手続補正書を提出します。

そのためには、

商標法を熟知し、卓越したスキルを持っていることが、
重要なポイントとなります。

だからこそ、

商標に精通した弁理士が、
あなたに代わって特許庁への応答をさせていただくことに意味があると、
私たちは考えます。

この商標、ここで諦めたくない。

そんなあなたを誠心誠意、サポートさせていただきます。

拒絶理由通知でお困りなら
拒絶対応の専門家のいる当事務所に、ぜひ一度ご相談ください。

拒絶理由通知書への応答については、期日が限られています。
まずは、お早目にあなたのケースをお聞かせください。
ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

弁理士 渡部仁はここまでやります。

ケースA

類似として挙げられた商標A’との違いを立証しなければならなかった、
ケースAでは、、、

●商標A’を使用した商品を販売している現地まで実際に赴きました。
小売店1軒1軒を実際に見て回り、商標A’の使用状況、販売状況を実際に確認しま
した。実際の取引実情から証拠をそろえ、意見書を作成した結果、判断がくつがえり、
登録となりました。

ケースB

商標Bがどれだけ有名で、過去からの信頼が蓄積された商標かを
立証しなければならなかった、ケースBでは、、、

●過去に商標Bを使用して販売した正確な実績を示すために、過去の伝票1枚1枚に
までさかのぼり、段ボール2箱分の伝票を洗い出して、総売上金額を確認しました。
●さらに、決定的な証拠を集めるため、丸4日間国会図書館に籠り、資料を集め、理
論武装した意見書を作成した結果、拒絶理由が解消され、登録となりました。

もちろん

商標法上、取得することができない商標については、その理由を正確にお伝えします。

あなたの事例を徹底的に調査し、拒絶理由通知書への最適な対応をする。
それが弁理士 渡部仁の務めです。

あなたの商標には
これまでの歴史、想い、ドラマがあるはずです。
長年使った商標には、これまでの信頼が蓄積されています。
あなたにとっては唯一無二の名前です。

「無理だから名前を変えましょう」と言ってしまう前に、
最後の一手まで、あなたのために考えます。

最後まで諦めない情熱家弁理士 渡部 仁に、ぜひ一度ご相談ください。
ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ