商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

鎌倉市の商標登録

鎌倉のブランド、守り育てます。

鎌倉の商標出願は、
鎌倉商工会議所専門相談員の弁理士、
あなたのブランドパートナーの将星国際特許事務所へ

鎌倉のブランドを活かした事業展開をお考えの方、
自社ブランドの育成をお考えの方を、
親切・丁寧にサポートさせていただきます。

まずは一度、知的財産の専門家、
鎌倉商工会議所専門相談員の弁理士にご相談ください。

将星国際特許事務所では、鎌倉市内の事業者様を対象に、
無料相談を承っております。

電話、HPよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

鎌倉市で商標登録・ブランド化をお考えの事業者様へ

私たちは、中小企業・小規模事業者に特化した特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。商標登録・ブランド化を始めるにあたって大切なことをお伝えします。1分程度の動画ですのでぜひご覧ください。


レターを読む

当事務所だから実現できる、将来もずっと安心の商標登録

当事務所は、将来までずっと安心、あなたの事業の将来まで守る商標登録の実現をお手伝いします。
当事務所が開発した「商標レコメンドシステム®」では、特許庁に登録された膨大な商標登録のデータを分析することで、あなたの将来の事業で取り扱う可能性がある商品やサービスが分かるので、あなたの事業に最適な商標登録を提案することができます。

「商標レコメンドシステム」は、当事務所の特許技術。あなたの事業の将来まで守る商標登録を実現できるのは当事務所だけです。

「商標レコメンドシステム」について詳しくは、以下のバナーをクリックしください。あなたのブランドを守ることに役立つ情報が満載です。

鎌倉市での活動の実績

2010年 8月
鎌倉商工会議所専門相談員に就任
2011年 4月
鎌倉商工会議所専門相談員(第2期)に就任
2012年 4月
鎌倉商工会議所専門相談員(第3期)に就任
2013年 4月
鎌倉商工会議所専門相談員(第4期)に就任
2014年 4月
鎌倉商工会議所専門相談員(第5期)に就任
2015年 4月
鎌倉商工会議所専門相談員(第6期)に就任
2016年 4月
鎌倉商工会議所専門相談員(第7期)に就任
お問い合わせはこちら

当事務所へのアクセス

最寄りの駅をクリックしてください。当事務所までのルート案内が表示されます。

JR線

大船駅(10分) 北鎌倉駅(7分) 鎌倉駅(4分) 逗子駅(8分)

江ノ島電鉄線

鎌倉駅(4分) 和田塚駅(6分) 由比ケ浜駅(8分) 長谷駅(9分)
極楽寺駅(12分) 稲村ケ崎駅(14分) 七里ケ浜駅(19分) 鎌倉高校前駅(23分)
腰越駅(25分) 江ノ島駅(27分)

湘南モノレール

大船駅(10分) 富士見町駅(21分) 湘南町屋駅(23分) 湘南深沢駅(24分)
西鎌倉駅(30分) 片瀬山駅(32分) 目白山下駅(34分) 湘南江の島駅(27分)

鎌倉市トピックス

鎌倉商工会議所で知財専門相談を開催

2017年11月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

私が担当する鎌倉商工会議所の知財専門相談について11月開催のご案内です。

引用:知財専門相談@鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所では、商標(ブランド)・特許(発明)・意匠(デザイン)・実用新案(考案)など知的財産に関する相談を無料で行っています。お気軽にご利用ください。

日時:2017年11月随時

会場:鎌倉商工会議所(鎌倉市御成町17-29)

費用:無料

申込方法:TEL:0467-23-2563 中小企業支援課
※予約制ですので、お申し込みは予め電話でご連絡ください。

鎌倉商工会議所では、商標登録や特許など知的財産に関する相談を行っています。

私がこの専門相談員を担当しています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉商工会議所で知財専門相談を開催

2017年09月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

私が担当する鎌倉商工会議所の知財専門相談について9月開催のご案内です。

引用:知財専門相談@鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所では、商標(ブランド)・特許(発明)・意匠(デザイン)・実用新案(考案)など知的財産に関する相談を無料で行っています。お気軽にご利用ください。

日時:2017年9月随時

会場:鎌倉商工会議所(鎌倉市御成町17-29)

費用:無料

申込方法:TEL:0467-23-2563 中小企業支援課
※予約制ですので、お申し込みは予め電話でご連絡ください。

鎌倉商工会議所では、商標登録や特許など知的財産に関する相談を行っています。

私がこの専門相談員を担当しています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉商工会議所で知財専門相談を開催

2017年07月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

私が担当する鎌倉商工会議所の知財専門相談について7月開催のご案内です。

引用:知財専門相談@鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所では、商標(ブランド)・特許(発明)・意匠(デザイン)・実用新案(考案)など知的財産に関する相談を無料で行っています。お気軽にご利用ください。

日時:2017年7月随時

会場:鎌倉商工会議所(鎌倉市御成町17-29)

費用:無料

申込方法:TEL:0467-23-2563 中小企業支援課
※予約制ですので、お申し込みは予め電話でご連絡ください。

鎌倉商工会議所では、商標登録や特許など知的財産に関する相談を行っています。

私がこの専門相談員を担当しています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉商工会議所で知財専門相談を開催

2017年05月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

私が担当する鎌倉商工会議所の知財専門相談について5月開催のご案内です。

引用:知財専門相談@鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所では、商標(ブランド)・特許(発明)・意匠(デザイン)・実用新案(考案)など知的財産に関する相談を無料で行っています。お気軽にご利用ください。

日時:2017年5月随時

会場:鎌倉商工会議所(鎌倉市御成町17-29)

費用:無料

申込方法:TEL:0467-23-2563 中小企業支援課
※予約制ですので、お申し込みは予め電話でご連絡ください。

鎌倉商工会議所では、商標登録や特許など知的財産に関する相談を行っています。

私がこの専門相談員を担当しています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉商工会議所で知財専門相談を開催

2017年03月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

私が担当する鎌倉商工会議所の知財専門相談について3月開催のご案内です。

引用:知財専門相談@鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所では、商標(ブランド)・特許(発明)・意匠(デザイン)・実用新案(考案)など知的財産に関する相談を無料で行っています。お気軽にご利用ください。

日時:2017年3月随時

会場:鎌倉商工会議所(鎌倉市御成町17-29)

費用:無料

申込方法:TEL:0467-23-2563 中小企業支援課
※予約制ですので、お申し込みは予め電話でご連絡ください。

鎌倉商工会議所では、商標登録や特許など知的財産に関する相談を行っています。

私がこの専門相談員を担当しています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


祝!鎌倉ブランド「鎌倉こどもの家」商標登録

2017年02月10日

鎌倉ブランド「鎌倉こどもの家」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉市逗子市葉山町横須賀市三浦市藤沢市茅ヶ崎市平塚市のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜市川崎市、小田原市、箱根町のブランドも手厚く支援させていただいています。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


第9回 かまくら推奨品が決定しました

2017年02月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

本日、2017年2月1日付けの鎌倉商工会議所発行「かまくら」に、「第9回かまくら推奨品が決定しました!」とのニュースがありました。
今回は新規5点、再認定43点の計48商品が認定されています。

かまくら推奨品の中からも、多くの商品が商標登録されています。

鎌倉ブランドの登録商標については、こちらをご参照ください。
http://shousei-tm.com/kamakura_brand.php

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉商工会議所で知財専門相談を開催

2017年02月01日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

私が担当する鎌倉商工会議所の知財専門相談について2月開催のご案内です。

引用:知財専門相談@鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所では、商標(ブランド)・特許(発明)・意匠(デザイン)・実用新案(考案)など知的財産に関する相談を無料で行っています。お気軽にご利用ください。

日時:2017年2月随時

会場:鎌倉商工会議所(鎌倉市御成町17-29)

費用:無料

申込方法:TEL:0467-23-2563 中小企業支援課
※予約制ですので、お申し込みは予め電話でご連絡ください。

鎌倉商工会議所では、商標登録や特許など知的財産に関する相談を行っています。

私がこの専門相談員を担当しています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉ご当地芸人が考案、ブランド化に優れたパズルの名前

2017年01月22日

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

引用:「鎌倉パズル」を小学校に寄贈

鎌倉ご当地芸人「ねたのおにいさん」の野々垣濯太さんがオリジナルのパズル「マチ×アワセかまくら」33セットを市立小学校や子どもの家などに寄贈した。これは、市内を郵便番号で区切った44個のピースからなるもので、それぞれの地域の位置や大きさが遊びながら学べるのが特徴だ。

パズルの商品名として採用されている「マチ×アワセかまくら」は、ブランド化にとってとてもよいネーミングです。
よいネーミングの条件は色々とありますが、その大きな一つに造語であることです。
造語でできたネーミングは、消費者に認知させる時間はかかるものの、一旦認知されると忘れにくいネーミングとして根付きます。造語の効果については先のブログ「ネーミング採用の留意点~造語商標~」で詳しく紹介しています。

また、造語といっても「ソニー」のようにまったく意味を持たないものもありますが、「あまおう」のように「甘いイチゴ」や「イチゴの王様」のような意味を想起させるものもあります。
ネーミングは覚えてもらうことが重要ですので、意味を想起させるような造語が望ましいです。
「マチ×アワセ」には「鎌倉の町(マチ)をパズルで合わせ(アワセ)る」「鎌倉で待ち合わせる」という意味が乗っているので、この点でもよいネーミングといえます。

ネーミングを考えるときは、消費者に覚えてもらえるかという観点で考えてみることが大切です。こうした例を参考にされるとよいでしょう。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


祝!鎌倉ブランド「GRAPEVINES(ロゴ)」商標登録

2017年01月13日

鎌倉ブランド「GRAPEVINES(ロゴ)」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉市逗子市葉山町横須賀市三浦市藤沢市茅ヶ崎市平塚市のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜市川崎市、小田原市、箱根町のブランドも手厚く支援させていただいています。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


【英語版】お客様の声の動画を制作しました

2016年12月28日

お客様の声の動画に英訳テロップを付け英語版を制作しました。
鎌倉ブランドの鎌倉青果様にご出演いただいた動画です。

自社のブランドの大切さとそれを守る商標登録の大切さについてお話をいただきました。
私たち専門家も、ブランドという目に見えない財産について、どうやって守ったらよいのか、どうやって育てたらよいのかを日々学び、考え、お伝えしていますが、お客様からの視点でお話を伺えたことは、大変勉強になりました。

ブランドを考える上でとても参考になる内容ですので、ぜひ一度ご覧ください。

▼下の画像をクリックすると、英語版の動画がご覧になれます。▼
 

Trademark Registration Branding Case Kamakura Seika Inc.

President, Kamakura Seika Inc.
Interviewed on October 16, 2015
Interviewed and manufactured by Pixidea, Inc.

We, as the Kamakura-based local wholesale market, deal with locally made vegetables.

Our market has a history of more than 90 years.

We have been serving as "the kitchen of Kamakura."

We wanted to make it known to everybody that the locally made vegetables in our market can be found nowhere else.

In order to distinguish our vegetables from the ones in other markets,we asked Mr. Watabe to file trademark application of "Kamakura Ichiba Brand (Kamakura Market Brand)."

Mr. Watabe said the registration might be difficult because it includes the name of the place "Kamakura."

But it's meaningless if our trademark does not include "Kamakura," so we asked him anyway.

He was right and we received Office Action.

"Kamakura Ichiba" has the history of 90 years and it is like our company name.

So we asked Mr. Watabe to respond to the Office Action.

As a result, "Kamakura Ichiba Brand" was registered.

Thanks to the supports and efforts of Mr. Watabe, our brand was registered successfully.

We have established the Brand Certification Committee and the Certification Guide of the "Kamakura Ichiba Brand."

"Kamakura Ichiba Brand" is certified more strictly than ever.

It is valued highly and covered by media many times.

As we are proud of the "Kamakura Ichiba Brand,"

We made an entry into Food Action Japan Fan Award.

Our brand "Kamakura Ichiba Brand" received an award.

A lot of major retailers ask us to carry vegetables of our brand.

Major department stores and speciality supermarkets will display items having our brand logo.

We will protect the logo mark and the "Kamakura Ichiba Brand" as one of treasures of our company.

▼When you click on the image below, the video of English version is played.▼
 


【英語版】お客様の声の動画を制作しました

2016年12月21日

お客様の声の動画に英訳テロップを付け英語版を制作しました。
鎌倉ブランドの井上蒲鉾店様にご出演いただいた動画です。

自社のブランドの大切さとそれを守る商標登録の大切さについてお話をいただきました。
私たち専門家も、ブランドという目に見えない財産について、どうやって守ったらよいのか、どうやって育てたらよいのかを日々学び、考え、お伝えしていますが、お客様からの視点でお話を伺えたことは、大変勉強になりました。

ブランドを考える上でとても参考になる内容ですので、ぜひ一度ご覧ください。

▼下の画像をクリックすると、動画がご覧になれます。▼
 

Trademark Registration Branding Case Inoue Kamabokoten Co., Ltd.

Ms. Chieko Makita
President, Inoue Kamabokoten Co., Ltd.
Interviewed on October 16, 2015
Interviewed and manufactured by Pixidea, Inc.

We have two leading products, "Baika Hampen" and "Koban Age".

These products can be produced only in Kamakura and these names have deep connection to Kamakura.

Our previous owner filed trademark application of "Baika Hampen", but registration was not made for some reason.

We did not know why because "Baika Hampen" is our best-selling product.

Then we met Mr. Watabe in Shousei International Patent Office.

When we talked about it, he said "You should register Baika Hampen".

Registration of "Baika Hampen" seemed difficult, but this time, it was registered successfully.

We prepared a lot of data.

I guess the previous owner did not submit such data.

Mr. Watabe proved that "Baika Hampen" is loved by many people by using the data such as volume of sales, historical materials, media exposures, etc.

Thanks to his efforts, our trademark was registered.

When we sell our products in department stores, the products should have trademark registrations in order to prove that the products have brand strength.

Manufacturers and major distributors take it for granted that the products have trademark registrations upon making big business deals.

The trademark registration helped our staff members to take pride in our brand.

It was really important for us.

A credo or motto of our shop is that we are the Kamaboko maker who is making Kamaboko as the pride of proud people in Kamakura.

As to the "proud people in Kamakura", probably everyone living in Kamakura says "Kamakura is a nice place" or "we love living in Kamakura".

Or when we are asked where we live and answer "I live in Kamakura", everyone says "It’s a very good place".

I think Kamakura is a very special place.

People living here is proud of Kamakura.

We are doing our business here in Kamakura for about 80 years.

There are many shops selling Kamaboko all over Japan.

Every Kamaboko is good.

But people in Kamakura say like this.

“We have Inoue Kamabokoten here in Kamakura.”

They say that they cannot welcome a new year without "Baika Hampen" of Kamakura.

We are happy and proud to hear that.

We will continue producing such good products.

Good products never lie.

We do not use unnecessary additives.

We use the recipe from the old days.

We stick to our basics for the people in Kamakura who appreciate our basics.

I think the trademarks support our basics.

We would like to pass our basics to the next generation.

We hope the next generation living here in Kamakura would take pride in our Kamaboko shop.

▼When you click on the image below, the video of English version is played.▼
 


【英語版】お客様の声の動画を制作しました

2016年11月30日

お客様の声の動画に英訳テロップを付け英語版を制作しました。
鎌倉ブランドの鎌倉薬膳アカデミー様にご出演いただいた動画です。

自社のブランドの大切さとそれを守る商標登録の大切さについてお話をいただきました。
私たち専門家も、ブランドという目に見えない財産について、どうやって守ったらよいのか、どうやって育てたらよいのかを日々学び、考え、お伝えしていますが、お客様からの視点でお話を伺えたことは、大変勉強になりました。

ブランドを考える上でとても参考になる内容ですので、ぜひ一度ご覧ください。

▼下の画像をクリックすると、英語版の動画がご覧になれます。▼

Trademark Registration Branding Case Kamakura Medical Cuisine Academy

Ms. Masae Yamauchi
President, Kamakura Medical Cuisine Academy
Interviewed on August 5, 2015
Interviewed and manufactured by Pixidea, Inc.

It's been eight years since we launched Kamakura Medical Cuisine Academy.

We have always been thinking about what we should do to make Kamakura Medical Cuisine Academy widely known.

One day, I found the concept of "branding", when I was reading a magazine.

I thought it was a good idea.

I thought branding might contribute to confidence, credibility and persuasiveness.

It was at this moment when I first thought of trademark registration of "Kamakura Yakuzen Academy" (Kamakura Medical Cuisine Academy) and "Wa no Yakuzen" (Japanese Medical Cuisine).

So we visited Mr. Watabe in Shousei International Patent Office.

Please have a look at these textbooks.

These are original textbooks of Kamakura Medical Cuisine Academy.

As we have created them all, we took them for granted, and we did not realize their values at all.

Mr. Watabe made us realize their values.

We were pleased to hear him saying that "Ms. Yamauchi, these textbooks you created are really valuable."

He made us proud of the work we have done, the work that may be passed to the next generation.

Our trademarks were successfully registered and we use these trademarks in all our publications.

Intellectual property is very important for our work, and trademarks contribute to improve our brand strength.

Registration certificates are framed and hung in front of the entrance.

These are very important for Kamakura Medical Cuisine Academy, proving the confidence, credibility and persuasiveness of our academy.

▼When you click on the image below, the video of English version is played.▼


【英語版】お客様の声の動画を制作しました

2016年11月16日

お客様の声の動画に英訳テロップを付け英語版を制作しました。
鎌倉ブランドのレストランレネ様にご出演いただいた動画です。

自社のブランドの大切さとそれを守る商標登録の大切さについてお話をいただきました。
私たち専門家も、ブランドという目に見えない財産について、どうやって守ったらよいのか、どうやって育てたらよいのかを日々学び、考え、お伝えしていますが、お客様からの視点でお話を伺えたことは、大変勉強になりました。

ブランドを考える上でとても参考になる内容ですので、ぜひ一度ご覧ください。

▼下の画像をクリックすると、英語版の動画がご覧になれます。▼

Trademark Registration Branding Case Restaurant LAINE

Ms. Izumi Laine Owner, Restaurant LAINE
Interviewed on July 2, 2015
Interviewed and manufactured by Pixidea, Inc.

When we moved from Yukinoshita to Onarimachi in Kamakura, we decided to file trademark application of our brand to start selling sweets and deli-style meals.

At first we filed the trademark application by ourselves as it seemed easy.

But we received Office Action, so we visited a patent attorney.

"Registration of this trademark is quite difficult."
That's what he said.

We searched for another attorney, and found Mr. Hitoshi Watabe from Shousei International Patent Office, as a Kamakura-based patent and trademark attorney.

We visited Mr. Watabe with all the documents.

He listened to our circumstances very carefully, and said "Let's have a try."

We were happy to hear that.

It worked out right and our brand was registered as a trademark.

The point is that we need to choose the right attorney for the trademark registration.

Because every attorney has different skills.

One attorney may say "it's impossible", but another attorney can do it right.

Our brand logo was registered as we desired.

That's mainly because we chose the right attorney.

We will expand our business and take-outs of sweets and meals will be started.

It is our dream that our logo will be known as the typical logo in Kamakura.

We are glad to be able to protect our own logo.

▼When you click on the image below, the video of English version is played.▼


祝!鎌倉ブランド「Maison romi-unieのロゴ」商標登録

2016年11月11日

鎌倉市は朝から強い雨が降っています。
足下に気をつけて1日をお過ごしください。
雨の金曜日ですが週末を楽しみに頑張っていきたいと思います。

さて、鎌倉ブランド「Maison romi-unieのロゴ」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉市逗子市葉山町横須賀市三浦市藤沢市茅ヶ崎市平塚市のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜市川崎市、小田原市、箱根町のブランドも手厚く支援させていただいています。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


鎌倉市ニュース

前へ

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ。

このページの上部へ