商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

親愛なる事業者の皆さまへ/ほんのささいなことでも、知っているかどうかで結果が大きく変わってしまうということを、皆さまも1つや2つ経験されたことがあるのではないでしょうか。/商標などの知的財産については、学校で教わる機会が少なかったり、目に見えず捉えにくいものであったりすることから、知っているかどうかで結果が大きく変わってしまうということがたくさんあります。/例えば、商品の名前をどのように付けたら事業上有利か。/起業を志したある2人の若者がそれぞれ会社を立ち上げ、商品を売り出しました。2人とも、商品が売れるようにと、商品に対する思いを込めて商品に名前を付けました。/やがて2人の会社は成長し、各社の商品は人気商品に成長します。/ところが、ある頃から売上が徐々に落ち込んでしまいます。調べてみると、他社が同じ名前で商品を販売していることが原因だと分かりました。/一方の彼は、同じ名前で商品を販売する他社に対し名前を変えてほしいとお願いし、売上の減少を食い止めることができました。/しかし、片方の彼は、同じ名前で商品を販売する他社に名前を変えてもらうことができず、売上の減少を食い止めることができませんでした。 知っているかどうかが大きな違いに/法律では、「商標登録で保護できる名前」と、「誰でも使えるように広く開放されている名前」が定められています。商品の名前を決める最初の段階で、「誰でも使えるように広く開放されている名前」を付けてしまうと、同じ名前で商品を販売する他社に対し名前を変えてほしいとお願いすることができません。このときになって初めて、「商標登録で保護できる名前」にしておけばよかったと気づくのですが、人気商品になった以上、自社の商品を他の名前に変えるという方向に舵を切るのは容易ではありません。/結果の違いは大きなものですが、原因はシンプルです。最初に、「商標登録で保護できる名前を付ける」という知識を知っていたかどうか。たったこれだけのことなのです。/特許庁の調査報告書によれば、知的財産を活用する企業と、そうでない企業には、営業利益で1.9倍もの違いがあることが分かっています。これは、特別な能力をもった企業が行った結果でも、1つの知的財産権で大もうけした結果でもありません。/企業が利益を生み出すためのツールは何も知的財産だけではありません。しかし、私は知的財産の専門家ですから、知的財産というツールを使って利益を生み出すやり方であればお伝えできます。皆さまに知識を、ビジネスで使える知的財産活用の知識を提供します。 他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所/企業が知的財産を活用する取り組みのなかには、商標登録などの知的財産権を取得するという手続があります。/この専門家として知られているのが弁理士です。企業は、弁理士に依頼することで、強い知的財産権を取得できたり、自社では取得が困難な知的財産権を取得できたりします。専門家を活用する意義の一つは、まさにここにあるでしょう。/しかし、企業が知的財産を活用する取り組みの全体を見渡したときに、知的財産権を取得する手続は、ほんの一部に過ぎません。しかも、企業にとって知的財産権は、取得することが目的ではなく、それを活用して利益にむすびつけることに意味があります。/そうです。知的財産権は、それ自体が利益になるのではなく、利益を生み出すためのツールなのです。事業に正しく活用してこそ、意味があります。/ここでお伝えしたいことは、私たちは、商標登録の手続に専門性をもっているだけの事務所ではなく、皆さまの事業がうまく循環し、その上に知的財産を活用することで、ひいては利益にむすびつけることにつながる具体的なアドバイスができる点に高い専門性があるということです。 私たちは、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。机の上ではなく、具体的な現場において、です。お客さまの事業で新しい出来事があれば、ニュースレターで特集し、地元2000社の企業に配布し、地域で情報を共有します。ラジオ番組をもち、視覚チャネルだけでなく音声チャネルでもお客さまの事業をPRしています。私たちの鎌倉の商標登録実績が突き出て高いのは、こうした地元企業とのつながりが密接で、知的財産の事業における貢献が評価されているからなのかもしれません。/私たちは、さまざまな業種の企業とお付き合いがあります。企業とのつながりが密接であることから、企業で成功した事例や、逆に失敗した事例も豊富です。成功事例は、他の業種でも応用がきく貴重な情報であることはいうまでもないことですが、失敗事例も、遠回りしないための貴重な情報になります。 知的財産は目に見えず、捉えにくい/私たちは、皆さまにこの見えない知的財産をうまく活用してもらうために日々努力を続けています。地元企業を支援して得られた「知識」や「経験」をもとに、お客さまの事業そのものがうまく循環することを最も大切に考え、よりよい循環が生まれるように知的財産権を手当てしています。このことが、結果として、知的財産を活用してお客さまの利益を高めることにつながると考えているからです。/また、私たち自身も、知的財産を事業に積極的に活用しています。知的財産を活用できる知識を誰よりももっていますので、私たち自身の事業に活用しない手はないということはもちろんですが、何よりも、私たち自身が知的財産を活用して成功事例を獲得できれば、机上の知識だけではなく、実学を通じて得た「知識」や「経験」をもとにアドバイスができると考えているからです。/将星国際特許事務所は、皆さまが必要とする情報として、鎌倉ブランドを育てるという実学を通じて得られた知的財産活用の知識を提供できます。 知識は力なり/知的財産を活用して利益を高めることは、難しいとお考えでしょうか?特許庁の調査報告書で取り上げられている企業は、特別な能力をもっているわけでも、1つの知的財産権で大もうけしたわけでもありません。やるべきことを計画し、それを日々コツコツと実行しているだけです。/皆さまも、知的財産で高い利益を収めている企業が普段当たり前に行っていることを、ただ同じように当たり前に行えば、当然に同じ結果を得られることでしょう。/やるべきことを知っているか、知らないか。ただそれだけの違いが、結果に大きな違いをもたらします。/私たちは、鎌倉で活躍する企業が具体的にどのような取り組みを行ったか、その取り組みのなかで知的財産をどのように手当てしてきたか、どういう取り組みが成功事例につながり、どういう取り組みが失敗事例につながったのかなど、ビジネスで使える知的財産活用の知識をもっています。/私たちが提供する情報は、あなたのお役に立つ魅力的で興味深い情報で埋め尽くされています。私たちとお付き合いがなければ、あなたにとってどれだけ役立つものか想像もつかないでしょう。 まずは小さな1件から/いま、知的財産に関して何も手当をしていないということであれば、まずは1件の商標登録の依頼で私たちをお試しください。商標更新の時期が近づいているのでしたら、そのタイミングを関係作りのきっかけとしていただくのも、同様にリーズナブルな方法です。/商標登録を取得する費用は多少かかりますが、商標登録を維持する費用は安くなっています。このことは、私たちとの関係作りが長くなればなるほど、費用対効果が高まることに他なりません。/まずはお気軽にお問い合わせください。私たちは、以下を保証します。私たちがあなたのご期待に添わない場合は、いつでも取引を解約できます。私たちで取得させていただいた知的財産権も、解約によって何ら影響を受けることなく、他社に管理を引き継ぐことができます。将星国際特許事務所が多くの企業のためになったようにあなたのお役にも立つかどうかをぜひお試しください。お問い合わせいただけましたら、すぐに対応いたします。 成功への投資/私たちに依頼したからといって、成功が一瞬にしてあなたのものになるというお約束はできません。しかし、将星国際特許事務所があなたにとって、常に頼りになり、役立つということは保証できます。/敬具/将星国際特許事務所/弁理士 渡部 仁
お問い合わせはこちら

このページの上部へ