商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

お客様インタビュー

― 鎌倉薬膳アカデミー 学院長 山内正惠様 ―

INDEX
  • ブランド化への第一歩、それが商標登録のきっかけ
  • 自分の仕事に誇りを持ち、襟を正すきっかけに
  • 商標登録が鎌倉薬膳アカデミーを発信する大きな柱

ブランド化への第一歩、それが商標登録のきっかけ

商標登録をしようと思ったきっかけを教えてください。

山内正惠
ブランド化を意識したのが
商標登録のきっかけと山内様

山内正惠鎌倉薬膳アカデミーを立ち上げて、今年で8年が過ぎようとしてます。もっと、この鎌倉薬膳アカデミーを多くの方に知っていただきたい。
そのためにはどうしたらいいのかなぁ、って日々考えていた時期がありました。

そのときに、雑誌を読んでいましたら「ブランド化」っていう文字が、こうポーンと入ってきたんですね。「ああ、それはいい」と思ったのですけれども、うちはそんなにブランド化するような立派な会社でもありません。ですけれども、ブランド化っていうのはどういうことかな、って考えたときに、説得力であるとか、信頼とか、信用とか、そういうものにつながっていくのではないかって思ったんですね。

そのときに、フッと、「あっ、うちの鎌倉薬膳アカデミーという名前と、和の薬膳という名前を、誰にも取られないようにしていこう」って。そう思ったら、商標登録じゃないかって思ったんです。それが商標登録のきっかけでした。

自分の仕事に誇りを持ち、襟を正すきっかけに

相談してみていかがでしたか。

鎌倉薬膳アカデミーのオリジナルの教科書
アカデミーオリジナルの教科書

山内正惠渡部先生と何度かお目にかかってご相談させていただきました。そのときに、正直一番有り難かったことは...。

ちょっとこちら見ていただけますか。これは、実は鎌倉薬膳アカデミーで作ったオリジナルの教科書なんですね。
これは、私が全部、一人ではないんですけれども、この中で作り上げてきたものなんです。
たぶんどなたもそうじゃないかと思うんですけれど、自分で作ったものっていうのは何でもが当たり前なんです。これがすごい、とか、これが大層なものだ、なんて、たぶんあまり思わないんじゃないんでしょうか。このことを一番気づかせてくださったのが、渡部先生でした。

「山内さん。山内さんが作ってこられたこのテキストは、本当に価値のあるものなんですよ」それを教えてくださったのが渡部先生でした。
お恥ずかしい話ですが、それをいっていただいたときに初めて、こんなこと、やってきたことが、次の時代につながっていくものを作り上げてきたんだって、価値のあるものなんだって、初めて気がつきました。気がついてからは、自分の仕事に対して誇りを持つとか、襟を正す、そういったような気持になったことを覚えています。

商標登録が鎌倉薬膳アカデミーを発信する大きな柱

商標登録後の活用について教えてください。

鎌倉薬膳アカデミーの正面に飾られた登録証
アカデミー正面に飾られた登録証

山内正惠実際に商標を登録して、鎌倉薬膳アカデミーが発信するすべてのものにロゴマークとして商標を使わせていただいております。私たちの仕事は知的財産によるところが多いので、ブランド力アップに貢献していると実感しています。

ちょっとあちらをご覧になっていただけますか。アカデミー入りまして、目の前に、どなたでもパッと来たら見ていただけるような場所に、まぁ飾っているといったら横柄なんですけれども、掲げております。
それはですね、やはり、先ほど申し上げました、アカデミーの信用であるとか、信頼であるとか、説得力であるとか、この鎌倉薬膳アカデミーを発信する大きな柱として役に立っていると感じています。

渡部(左)と山内正惠様(右)
渡部(左)と山内正惠様(右)

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


※ 鎌倉薬膳アカデミー 学院長 山内正惠様
※ ホームページ:http://kamakurayakuzen-academy.jp/
※ 取材日時:2015年8月5日
※ 取材制作:ピクシディア株式会社
※ 本文中の情報はいずれも取材時のものです。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ