商標出願・商標登録・商標申請・ブランディング・鎌倉ブランド創造支援
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

商標出願、商標登録ならあなたのブランドパートナー 渡部 仁

お客様インタビュー

― 株式会社エグゼクティブ 代表取締役 内山隆様 ―

INDEX
  • お堅い弁理士先生の逆質問に苦労した最初の出願
  • アイデアを盛り上げてくれる渡部先生の打ち合わせ
  • 中小企業における特許の効果とは
  • 自社の経営にマッチした特許戦略を展開

お堅い弁理士先生の逆質問に苦労した最初の出願

事業内容について教えてください。

内山隆営業のアウトソーシングをやっています。
世の中には、もの凄い技術力をもった会社がたくさんあるんですよ。でもそういう会社に限って、営業がいま一歩な会社が多い。我々は、その営業がいま一歩だけど技術力が凄いという会社に代わり、営業を支援する会社です。

特許取得で苦労した経験があるそうですが。

営業支援で急成長を遂げた(株)エグゼクティブ
営業支援で急成長を遂げた(株)エグゼクティブ

内山隆基本的に、弁理士の先生ってみんな堅いんですよ。例えば、「これを説明してください」とお願いすると、逆に質問されるんですよ。「Aはどうなっていますか?」「Bはどうなっていますか?」「Cはどうなっていますか?」「他社との違いはどうですか?」というような感じでね。

こちらは、そこまで頭がまとまっていないんですよ。だから、他の事務所に頼んだ最初の特許の時はすごく苦労したんです。まとまっていないところを「全部しゃべれ」と弁理士さんにいわれるから。

アイデアを盛り上げてくれる渡部先生の打ち合わせ

将星国際特許事務所に依頼してよかった点は何ですか。

絵を描きながらの打ち合わせはアイデアが盛り上がります
絵を描きながらの打ち合わせは
アイデア出しが盛り上がります

内山隆渡部先生にお会いして、お話したところ、すごくアイデアを拾ってくれるんです。拾ってくれるというか、もう盛り上げてくれるんです。

「それはすごいですね、誰も考えつかなかったんじゃないですか」みたいなことをいってくれる。そうすると人って面白いもので、「じゃあこれも、あれも」としゃべろうとするんですよ。

渡部先生の場合には、ホワイトボードとかを使って絵に描いて、「それって絵に描いたらこういうことなんですかね?」とか確認をしてくれるんです。「このままだと特許化できないかもしれませんけど、ここにCという要素を加えたら、もしかしたら今までにないものかも知れませんね。こういうのどうなんですか?できますか?」とかいってくれるんですよ。

そうすると、「そういうのだったらできますよ」とか、こちらも話せるじゃないですか。「じゃあこのA、B。これを本筋でいって、これに加えたCというのもパターンとして加えておいたら、より特許化しやすいですよ」みたいなことをいってくれるんです。

それ以降の特許は全部渡部先生にお願いしているんです。

中小企業における特許の効果とは

特許を取得しようと思ったきっかけは何ですか。

綿密な相談で戦略的に特許を取得
綿密な相談で戦略的に特許を取得

内山隆私どもの会社はいま15年やっているんですけど、営業のアウトソーシングって、聞いたこともない人がいっぱいいるんですよ。

特に営業アウトソーシングのなかでも、営業資産管理というのを当社の強みとしています。でも、強みとしているといっても、皆さん何だか分からないんですよ。分からないときに一番簡単なのが「これは特許が取れているシステムです」といった瞬間に、「おー!」と皆さんいうんです。

一番最初に取った「営業管理システム」の特許は、皆さんに「おー!」といってもらったり、お墨付きのために取りました。

中小企業が特許を取得するメリットは何だと思いますか。

内山隆これは完全に私の考え方ですが、私どものような中小零細にとって、特許で一発当ててやろうみたいなのって、本当はないんですよね。ライセンスを世の中に売って、何億円儲けよう、みたいなのはなくて。

でも、特許にはいくつかのメリットがあります。自分がアイデアを考えたときに、誰かも同時に同じアイデアを考えているかもしれないんですよね。我々ではない他の会社が先に特許を出してしまったら、いくら我々が考えたといってもいえないし、何かサービス展開したときに、向こうから訴えられる可能性だってあるわけじゃないですか。

だから、自分が考えたアイデアというのを、自分たちのなかに守っておくために特許を取っています。

自社の経営にマッチした特許戦略を展開

戦略的なポイントを1つだけ教えてください。

特許を有効的に活用し業績も順調に伸びています
特許を有効的に活用し業績も順調に伸びています

内山隆特許化しようと思えば、特許化できるものも色々あります。色々ありますが、何でもかんも特許にすればいいってものでもないんですよ。今後のビジネス展開のラインに乗っていて、守るべきものというのは、そのアイデアのなかで、そんなに多くはないんです。

特許は実際、零細企業にとってお金がかかるんです。だから昔は、特許のことがよく分からなかったときには、あれも取る、これも取るというふうに考えていたんですけど、いまは知識を得てきたので、自分の将来的なビジネスを見越して、そこのラインに乗っかっているものだけを取るようにしています。

アイデアはある、取れるものもきっとある。でも、いまは止めておこうという考え方はありますね。

渡部(左)と内山隆社長(右)
渡部(左)と内山隆社長(右)

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


※ 株式会社エグゼクティブ 代表取締役 内山隆様
※ ホームページ:http://www.executive.jp/
※ 取材日時:2016年11月16日
※ 取材制作:ピクシディア株式会社
※ 本文中の情報はいずれも取材時のものです。

将星国際特許事務所 お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ入力フォームへ

このページの上部へ